稲田堤の家 of 日影良孝建築アトリエHP


日影良孝建築アトリエ 一級建築士事務所
Yoshitaka Hikage Architect's office

3 (3).JPG

7 (3).JPG5 (2).JPG10 (3).JPG
18 (1).JPG23 (1).JPG17 (1).JPG
25.JPG26 (2).JPG28 (1).JPG

稲田堤の家
2017年5月
山を背にした旗竿状の敷地に建つ五角形の平面をした家です。変形した敷地と方位の関係と敷地に小さな畑などをつくれる余地を残したかったことなどから五角形の間取りが生まれました。中央の大黒柱を中心に1階と2階は開放的な空間としています。開放的な空間は、まちの通りにも開きご近所付き合いが豊かな町内に開いた家になりました。構造材・造作材は宮城県のくりこま燻煙杉を使用しています。床材は栗。壁は漆喰を塗っています。大黒柱は建主さん家族が栗駒の森に入って自らの手で伐ったものです。ちいさくてかわいらしい家ができたと思っています。

施工=キムラ建設
敷地面積:38坪
床面積:27坪
家族構成;夫婦+子ども二人